第一回VS-ARASHI-超特急ドラフト-を行います。

心待ちにしてた分の期待値も軽々飛び越えていった、超~面白かったMr.VS嵐ドラフト会議、想像力で無理やり参入させます、超特急。無いなら作れ、がモットー。誰が誰を選ぶんだろう~ドキドキ~!(!)

 

はじまるよ~

 

f:id:bt02k:20191108204418p:plain

VS嵐!競技の前に重要なチーム分けだよ!

首脳陣は現在進行形で全世界に嵐を巻き起こしているこの5人!

f:id:bt02k:20191108204524p:plain

“BABA嵐が弱すぎる”圧倒的ハンデを背負う相葉キャプテン。

f:id:bt02k:20191108204731p:plain

拘りの強いMr.J.

f:id:bt02k:20191108204914p:plain

クリフクライムをやらせてはいけませんショウサクライ

f:id:bt02k:20191108204952p:plain

マイペース番長大野さん

f:id:bt02k:20191108205042p:plain

計算高二宮師匠

この5人が選ぶ超特急メンバーは誰なのか!その意図は...?こうご期待!

(まずここでオタクならば誰にどのユニフォームを着せたいかで1日は議論に使う。わかる。推しにどのユニを着て欲しいか。わたしは~……櫻井ユニですね、かいさんには。襟付きが良いのと、パキッとしたカラーで華やかに見えるので。ファイナルアンサー。でも釣りジャケも結構いい線に着こなしそうなんだよな~お得意の罪深V字。オシャレで言うと相葉さんのバスケユニだけどバスケ感はかいさんにそれほど求めてない(?)ユーキさんにバスケユニ…着て…爆モテ…副キャプテン風味…やってほしい…な...相葉-村田バスケ部キャプコンビ眩しすぎて床に光が乱反射してしょうがない…)

 

f:id:bt02k:20191108211136p:plain

指名、いざ、発表です

 

第一巡、選択希望選手、チーム相葉。

f:id:bt02k:20191108211457p:plain

「ユーキ。超特急。スターダストプロモーション。

 

チーム松本。

f:id:bt02k:20191108211727p:plain

「タクヤ。超特急。スターダストプロモーション。

 

チーム櫻井。

f:id:bt02k:20191108211852p:plain

「タカシ。超特急。スターダストプロモーション。

 

チーム大野。

f:id:bt02k:20191108211952p:plain

「タクヤ。超特急。スターダストプロモーション。

 

チーム二宮。

f:id:bt02k:20191108212103p:plain

「カイ。超特急。スターダストプロモーション。

 

ほぉ~~~~~~~そう来たかぁ~~~~!(いち視聴者人格)じいまごでたくちゃんの取り合いアツい。指名が重なる、これは嬉しいね。ヒュ~~~!

 

司会「相葉さん、ユーキくん一次指名の理由は?」

f:id:bt02k:20191108212553p:plain

 「僕は迷わずユーキくんですね!彼もAB型だから。やっぱAB同士って仲間意識みたいなのあるんすよ自然と。ね!?」

『いや、僕はあんまり意識したことないです…(笑)』

「もうダメじゃん(笑)」

「おかしいな(笑)あとは、運動神経もそうですけど、やっぱり最終的には運がモノを言うと思うので、なんかミラクル引き寄せてくれそうなイメージに惹かれましたね!」

「なんかその二人危ないんだよな~組み合わせが(笑)」

「多少のドジは許すので、伸び伸びやってほしいですね、せっかくなので!」

『優しい~~~!(きゅるるん顔)

 

「さぁ、そしてチーム櫻井ですけども、この選択はどういった理由で?」

f:id:bt02k:20191108213832p:plain

 「シンプルにタカシやでのツッコミを堪能したい、その一心で投じさせて頂きました。ご存知かもしれませんが、彼のツッコミかなり独特です。ツボです。ただ、小声で埋もれがちなので、出来るだけ近い距離に置いて聞いていたい。完っ全に私利私欲です、ありがとうございます。」

「競技そっちのけじゃん(笑)」

「あれ、私が今指名したのって...タダシ…?タケシ.........いや、違うな、誰…」

『タカシやで!!!!』

「もう満足です(笑)」

「ただのファン(笑)」

 

「二宮さんはどのような戦略で?」

f:id:bt02k:20191108215704p:plain

 「運動神経も多少は重要ですけど、なんだかんだで結局、頭なんすよ。どれだけゲームの流れを読めるか、戦略で行けるか。それでいくとマスターしかいないんで、えぇ。隙間時間にひたすら喋りかけてくるのさえ我慢すれば、勝利は手に入るかなと。」

(説明しよう、マスターとは二宮くんが使う独自愛称。ドラマ共演したときに仲良くなり、ポケモンマスターから由来しているよ!もちろん妄想の世界!)

『我慢ってなんですか!(笑)』

「まぁ、わたしの戦略を端的に言えば、「バカはいらない。」(にのみやくんの完全なるツッコミ待ちパスワークでた~!先輩~!)

『ちょっと!!!!!!!』

「今、立ち上がってるのが自覚のあるバカです(笑)」

(ゆうゆうちゃんおいしいかわいい!)

(にのみやくんの当たりの強さは好いてる証拠!)

 

「3チームが一巡の指名でメンバーが確定しました。ただ、タクヤくんが重複をしてしまいました。チーム松本とチーム大野。やはり運動神経といった面でしょうか。」

f:id:bt02k:20191108222417p:plain

(慕っている潤くん(過去ドラマ共演の仲)からご指名を受けたたくちゃん内心めちゃくちゃ嬉しい気持ちがじわじわ漏れてる感じ~!良!)

 「もちろん、最初に運動神経。他局で自分のコーナーに出てくれた時もなかなか良い線行ってましたから。これは実証済です。(This is MJに出たたくちゃん~!)それと、男気っつーか、根性、これがある。自分のチームに欲しいですね。また負けず嫌いなんでね、この番組にバッチリだと思います。なんか褒め過ぎたな(笑)」

「そう言われていかがですか、タクヤさん!」

『いや、めっちゃ嬉しいっすね。(ガチ照れ顔)

「大野くんも、タクヤくんが欲しい。」

f:id:bt02k:20191108223517p:plain

「そうですね、やっぱ動けるし。担当も...筋肉?だし。何の競技でも活躍してくれそうかな~って。あと、クールに見えるけど、結構熱いところもあるイメージなんで。僕の分も燃えて貰いたい。」

「あなたも燃えなさいよ(笑)」

「タクヤさんどうされました~?」

『潤くんのところに行きたいみたいで、うなされてます(笑)』

「“頭抱える”があんな文字通りなことある?(笑)」

 

 

いざ、運命の抽選!

「それでは、開けてください。」

f:id:bt02k:20191108224009p:plain

タクジュンきた~~~~~~~~~!🎉(リョウガさんもナイスリアクション)

 

「外れてしまいました大野さんは再度一巡の指名を、お願いします。」

f:id:bt02k:20191108225420p:plain

「リョウガ。超特急。スターダストプロモーション。

「リーダーだし、ちょうどいいかなって。なんか似てる気もするようなしないような。それと、あんまり意志がない感じがするので、素直に僕の言うこと聞いてくれんじゃねぇかと思って、選びましたね。はい。」

「と、言われてますが、リョウガさん。」

『なんかちょっとテキトーじゃないっすか?』

『なんすかその黙れっていう顔は...(笑)』

 

 

~~~~~~~~~~~~

第二巡、選択希望選手、チーム松本、チーム櫻井、チーム二宮。

「ユースケ。超特急。スターダストプロモーション。

「ユースケくんで3チーム被ることとなりました。各チーム選択理由をお聞きします、まずは松本チーム。」

f:id:bt02k:20191108230428p:plain

「明るい人がチームにいるといいかなって思いますね。ここで元気担当の元気を見せて貰おうじゃないかと。それに彼は、破天荒なキャラクターに見せてても滅茶苦茶真面目なんでね。協調性もあるので、上手く立ち回ってくれるんじゃないかなと。」

「松本さんコメントがうめぇな…」

 

「櫻井さんはいかがでしょう。」

f:id:bt02k:20191108230448p:plain

「まず、これはTVショーです。大前提として。競技如何もありますが、お茶の間の皆さんは何を求めているか、そうです、年下コンビです。6号車、7号車。俗に言うところの“圧倒的尊い”をお見せしたい、それだけ!そう、時代が求めるのは癒しです。ありがとうございます。」

「櫻井さん競技する気あります?(笑)」

 

「ラスト、二宮さん。」

f:id:bt02k:20191108230503p:plain

「あいつ、翔さんに恩があるのよ。かなりの。だから櫻井チームに行かれると増して相当な力を発揮される可能性がある、それを阻止するつもりの一票です。だから今の状況を整理すると、わたしの希望としては、Jの所へ行って欲しい。そうなります。」

「(そういう手法があるんや…!)(ワイプタカシ心の声)」

「ユースケさんは櫻井さんに恩があると?」

『はい.!.他局の番組ですべったところを何度も助けて頂きまして!おかげ様で一命を取り留めました!』

「人命救助だ(笑)」

 

 

いざ、運命の抽選!

「それでは、開けてください。」

f:id:bt02k:20191108233830p:plain

牽制指名が凶と出たにのみやくん~~~~~~~~!ツイてる。バラエティ的においしい。ワイプのカイカイもいい笑顔。

『いらない顔してるじゃないですか!!!!!!』

「二宮さんが見事引き当てましたユースケくんはですね、事前の取材で答えてるアンケート、5チームの中で、出来れば入りたくないな、っていうチームが【チーム二宮】でした。」

f:id:bt02k:20191108234034p:plain

 なんという完璧なオチ。笑。お後がよろしいようで。

 

 

いや~勝手にめちゃくちゃ楽しかったなVS嵐、超特急ドラフト。

あらしと超特急が共演する世界線を探す旅にでます。see you again!

 

 

www.youtube.com

twitter.com

www.instagram.com


あらしさんyoutube、SNS大解禁ありがとうおめでとう!